環境規制順守

ブルーコートは環境面で責任ある行動を取るように取り組んでいます。この取り組みの一環として、EUの廃電気電子機器(WEEE)指令や特定有害物質使用制限(RoHS)指令などの環境基準を順守します。これらの指令およびEU外の国のその他の規制は、廃電子機器管理と電子製品の特定の有害物質の削減または廃棄に関連しています。

WEEEでは、製品のリサイクルや再利用を可能にするために、電気および電子機器メーカーがメカニズムを提供する必要があります。RoHSは、現在の電子製品で普通に見られる一部の原材料の使用を制限しています。制限されている物質は、鉛などの重金属およびポリ臭化材料です。RoHS指令は、一部の適用除外を除き、すべての電気および電子機器に適用されます。

WEEEコンプライアンス

ブルーコートはWEEE指令を順守し、世界中の機器のリサイクルサポートを提供します。指令2002/96/EC(WEEE)の条項11(2)に従い、2005年8月13日以降に市場にリリースされた製品には、WEEE記号が付けられます。または、ドキュメントにWEEE記号が記載されます。WEEE記号は、ゴミ缶がバツ印が付けられ、下に線が引かれた画像です(右記を参照)。

ブルーコート製品のリサイクリング情報については、「リサイクルプロダクト」ページまたはrma@bluecoat.comまでご連絡ください。

RoHSコンプライアンス

ブルーコートは、サプライチェーンと共同作業を行い、2006年7月1日の時点で、RoHS下にあるパートナーによって提供されるすべての製品と原材料のコンプライアンスを確約します。RoHSコンプライアンスの領域の規制と特定の要件は継続して変化しており、ブルーコートはこうした変化を継続的に監視します。

詳細については、下記のFAQを参照してください。

REACHコンプライアンス

EU規制EC No.1907/2006、「化学物質登録評価許可規則」(REACH)は、2007年6月1日に発行し、2018年の期限まで段階的に施行されます。

ブルーコートは、人体の健康や環境を改善および保護するためにREACHの目標全体を強力サポートします。該当するREACH要件を順守するために、製品の物質に関する情報をお客様に提供するように取り組んでいます。

必要な全アクションを取ってREACH要件を満たすために、サプライヤーと共同作業を行い、サプライヤーがREACHを理解して順守するように期待します。弊社は、サプライヤーが、物質または(該当する場合)調合を事前登録または登録し、ブルーコートに提供された製品および構成部品(梱包を含む)が欧州化学機関(ECHA)の候補リストで「高懸念物質」(SVHC)と分類されている物質を重量比(w/w)0.1%以上の濃度で含んでいるかどうかを評価することを要求します。

REACH固有の情報については、reachquery@bluecoat.comまでお問い合わせください。


よく聞かれる質問(FAQ)

下記のFAQは、RoHS指令とWEEE指令に対するブルーコートのサポートに関する情報をを関係者に提供するためのものです。FAQに目的の質問がない場合、rohsquery@bluecoat.comに問い合わせてください。可能な限り迅速に応答します。

RoHSに関するFAQ

Q:RoHSとは?

A:RoHSは「Reduction of Hazardous Substances(特定有害物質使用制限)」の略語です。電子機器の製造で一般的に使用される6種類の有害物質を禁止するEU法(2002/95/EC)に関連しています。指令が施行されると、2006年7月1日以降にヨーロッパの市場にリリースされた製品は、有害物質の量が指定値を超えないようにする必要があります。

Q:RoHS指令はどこで参照できますか?

A:RoHS指令は、こちらで参照できます

Q:RoHS指令で禁止されている物質は?

A:2006年7月1日時点でEU加盟国に出荷された製品は、以下の物質の含有量が指定量を超えないようにする必要があります。

  1. 鉛(Pb)
  2. 六価クロム(Cr (VI))
  3. カドミウム(Cd)
  4. 水銀(Hg)
  5. ポリ臭化ビフェニル(PBB)
  6. ポリ臭化ジフェニルエーテル(PBDE)

Q:ヨーロッパでは製品を販売していません。それでもRoHSを考慮する必要はあるでしょうか?

A:はい。アメリカ合衆国のカリフォルニア州、メイン州などではRoHSを調査し、同様の法律を施行しているか、または策定中です。たとえば、カリフォルニア州で施行されたSB-50はヨーロッパのRoHS法を具体的に参照しています。その他、中国などでも、RoHSと類似の法を導入しています。

Q:ブルーコート製品はRoHS法の対象になりますか?

A:はい。2006年7月1日以降にヨーロッパに出荷されたブルーコート製品に対しては、6種類の物質の含有量を指定量未満に抑えることが求められています。ブルーコートは、その時点でEUに出荷されている該当する全製品に対してRoHS指令を順守しています。

Q:FRUキットおよびアップグレードキットはRoHSの影響を受けますか?

A:大半のケースでは、FRUキット、アップグレードなどは、RoHSに準拠している必要があります。ただし、製品の修理または再利用に使用する予備品で、2006年7月1日以前にリリースされたものは除外されます。この適用除外の目的は、RoHS非対応機器を修理する必要がある場合に、すぐに廃棄しなくても済むようにすることです。

Q:製品のアップグレードや交換はRoHSの影響を受けますか?

A:通常、アップグレードまたは交換はRoHSに準拠している必要があります。ただし、RoHSを順守していないアップグレードや交換は、2006年7月1日より前にリリースされた製品をアップグレードまたは修理するために使用できます。

Q:製品がRoHSに準拠していることを示すために、どのドキュメントがありますか?

A:ブルーコートは、RoHSコンプライアンスを順守するためにサプライチェーン全体と共同作業を行います。RoHS準拠の新製品ごとに順守申告書を発行します。サプライヤーによる順守申告書などのドキュメントを要求に応じて提供できます。詳細については、rohsquery@bluecoat.comまでお問い合わせください。

WEEEに関するFAQ

Q:WEEEとは?

A:WEEEは「Waste in Electrical and Electric Equipment(廃電気電子機器)」の略語です。電子機器の廃棄物を収集およびリサイクルするためのEU法(2002/96/ECおよび2003/108/EC)に関連しています。

Q:WEEE指令はどこで参照できますか?

A:WEEE指令(2002/96/EC)はこちらで参照できます。修正第一項(2003/108/EC)はこちら、修正第二項(2008/34/EC)はこちらで参照できます。

Q:ブルーコート製品はWEEEの対象になりますか?

A:はい。ネットワーク機器は、WEEE法の適用対象となる製品カテゴリーです。

Q:ブルーコート製品のWEEE指令製品カテゴリーは何ですか?

A:ITおよびテレコミュニケーション機器

Q:ブルーコートシステムは各EU加盟国で登録されており、回収スキームに参加していますか?

A:WEEE指令では、各加盟国が報告および登録のインフラを設定する必要があります。一部の加盟国は、こうしたインフラをまだ実装していません。ブルーコートシステムは現在、複数のEU加盟国で登録されており、他のヨーロッパ諸国でも、現地法で要求されている場合は登録オプションを評価している途中です。

Q:ブルーコート製品は修理またはリサイクル可能ですか?

A:はい。

Q:ブルーコート製品は消耗品を使用していますか?

A:ブルーコート製品では消耗品を使用していません。

Q:ブルーコート製品の商品としての寿命はどの程度ですか?

A:3~5年です。

REACHに関するFAQ

Q:REACHとは?

A:REACHは「Registration, Evaluation, Authorisation and Restriction of Chemicals(化学物質登録評価許可規則)」の略語です。EUで1年間に1メトリックトンを上回る化学物質を輸入または製造する企業の場合、それを評価して登録する必要があります。高懸念物質(SVHC)の認証と制限は、EUで製造または輸入を行うすべての企業に影響する可能性があります。

Q:REACHの実施タイムラインは?

A:REACHは2007年6月1日に発効され、2018年まで11年かけて段階的に施行されます。ブルーコートは、中間期日に合わせて操業します。

Q:REACHおよび高懸念物質(SVHC)の詳細はどこで参照できますか?

A:詳細については、欧州化学機関(ECHA)のWebサイトで参照できます。 http://echa.europa.eu.

Q:RoHS指令とREACH法の違いは?

A:RoHSは製品内の6種類の物質の使用を制限するものです。現在、REACH規則によって、サプライチェーンの上流である原材料メーカーから下流へ、製品中の高懸念物質(SVHC)に関する情報を伝達することが義務付けられています。REACH規則は、電子機器部門に限定されず、広範囲に渡る有害化学物質を対象としています。RoHS指令が6物質のみを対象としているのに対し、REACH規則はより広い範囲を対象としており、数千種類に及ぶ化学物質の使用について、厳しく指定されています。電子機器のサプライチェーンでは多数の化学物質を使用していることから、RoHS指令を遵守しているサプライヤであっても、REACHの影響を受けることが考えられます。